介護福祉士の試験突破率
2016.11.30

subimg03日本では、日に日に少子高齢化が進んでいます。そんな時代だからこそ、今まで以上に必要性が増している職業が介護職です。介護職はこれからますます少子高齢化が進んでいく日本において、非常に重要な人材です。そのため早期に人材を確保する必要があります。しかし介護職に対するイメージなどが悪いことや待遇の悪さなどから、中々介護職に従事してくれる人材が少ないことが、今日本国内で問題になっています。そんな中で、介護職として働いていく上で少しでもご自身の待遇を向上させるために介護福祉士の資格を取得することを目指す方が多くいます。というのも、この資格を取得することで給料などの面で資格があるのとないのでは大きく異なるからです。またそれ以外にも、資格があれば簡単に良い求人先を見つけることが出来るので、様々な面で利点が多いです。そのため、この資格の取得を目指す方が多くいらっしゃいます。

さて、そんな介護業界でより働きやすい環境で生きていくために重要なこの資格を取得するためには、必ず国家試験に合格する必要があります。国家試験のため受験資格等は非常に厳しく、また試験も一般的な試験と異なり決して簡単なものではありません。ここ数回の試験突破率は大体60%程度となっています。試験の内容は筆記試験と実技試験があります。同じ福祉の資格の中でも、社会福祉士の試験とは異なります。社会福祉士の場合は筆記試験だけとなっています。突破率も異なり、社会福祉士の突破率は大体30%前後となっているため介護福祉士の資格は突破しやすいものとなっています。但しもちろん試験内容は全く異なるので一概には言えません。

介護福祉士の試験突破率は、確かに低い数字ではありません。ですが、事前にしっかりと準備をしないことには突破することが出来ません。そのためにも、確実に試験に突破したいと考えている方はこの試験に特化した塾等へ通い対策をとると良いです。というのも、塾には試験に突破するノウハウが数多くあります。そんなノウハウを利用することで、試験に突破する可能性を少しでも高めましょう。これからの時代、ますます必要性が増していく職業の一つである介護職ですが、そんな介護職で生活をしていきたいと考えている方は、この資格を取得しましょう。資格を取得することは、良い待遇を得るだけでなく、介護の仕事において働きやすい環境を手に入れるチャンスを数多く得ることが出来ます。

▲ ページトップへ